第34回 JAPAN X ボウルを見た感想

December 15, 2020

第34回 JAPAN X ボウルを見た。 NFLはよく見るけれども、国内のアメフトの試合は久しぶりに見た。 今年は富士通 VS オービックというカードで、どちらもよく聞くチーム同士。

試合は7-13でオービックが勝った。 最後まで富士通もせめて惜しいところまで行ったが、最後の最後でタッチダウンが取れず、オービックの勝利が決まった。

ここから感想。

両チームともランで攻められたときになかなか一発で止められないな、と感じた。 特に富士通のランニングバックを止めるのに結構苦労していた。 終盤はもっとランで攻めるのかと思ったけれども、両チームともパスプレーを多用していたのが意外だった。

あと、NFLとのルールの違いがあるのが意外だった。 ボールキャッチ時に片足でも残っていればパス成功、1stダウンを更新したら時計が止まる、など。 日本のアメフトのレベルに合わせているんだと思うが、見ていて慣れるまでちょっと戸惑った。

今年の試合はロースコアな試合でしまった試合だったと思うが、個人的にはもっと点が入る大味な試合も見たかったなと思う。 年明けにはライスボウルもあるが…個人的にはあまり興味がない。 スーパーボウルに備えていきたい。